fff
aaaa

ooo

  49歳のとき、突如、ランニングに目覚め、自宅近くの大濠公園を毎朝走るようになる。はじめのうちは、1周(2km)も走れなかったけれども、なんとか1周を走れるようになる。毎朝走っていくうちに、2周、3周と次第に距離が伸びて、いつの間にか6周(12km)を1時間で走れるようになり、ハーフマラソンに挑戦。ハーフマラソンを4回完走する。
  フルマラソン完走のサブトレーニングの一環として、谷川真理さんお勧めのテニスを55歳で始める。テニスを始めると、テニスの魅力にどっぷりはまりこむ。現在は、週3回はテニスの練習に時間を費やす。


  58歳のとき、初めてピアノを習い始める。同時に、ジムのホットヨガを体験、その強烈な効果に驚き、毎朝自宅でDVDを見ながらヨガを始める。テニスでのケガの防止のためにもパフォーマンスの向上のためにも、ヨガは欠かせないことに気付く。 継続は力なり。今では、開脚の前屈で額が床につくようになる。

  予備校の非常勤講師は、身体が資本の仕事であることを認識、身体のケアには常に細心の注意を払う。朝ヨガは毎日、週3回のテニス、週1のホットヨガを3年間継続していた61歳の秋、昨年10月に、ハイランド太宰府に初めて足を運ぶ。低圧ルームの効果を体験、週に1回は低圧ルームを利用するようになる。目からうろこの「低圧ルーム」の効果に惚れ込み、創業を決意する。

ここをクリックすると、私が予備校で教えていたときの、物理の模擬テスト(福大医学部プレテスト)の解説の授業を見ることが出来ます。

普段着のままで入れる『低圧ルーム』で
あなたも体質改善を始めませんか?



  世をあげてのマラソンブームですね。私も、過去にハーフマラソンを4回完走しました。ベストタイムは、1時間50分です。マラソン(ジョギング)は、その人の人生を明るく楽しく前向きに導いてくれるスポーツです。
  その当時、マラソンランナーの谷川真理さんの講演会に行きました。谷川さんは、「私たちランナーは、爪や髪の伸び方が一般の人よりも早いんですよ。
走っていると肌の艶もよくなります。皆さんも、風の中を走りませんか。気持ちいいですよ。」と話されました。まさにその通りだということを、朝のジョギングを習慣にしていた私は実感していました。
実際、高齢のランナーの方々を見ていても、皆さんお元気に若々しく笑顔が輝いている人たちばかりです。

  自分の健康は自分で管理(セルフケア)するものです。年々弱っていく自分の身体能力を、ジョギングなどの運動で、しっかりケアしなくちゃいけないのです。運動をしている人たちは、運動でセルフケアしています。スポーツをすると、集中力が高まり、感覚も鋭くなり、 何事にもくじけない粘り強さが備わっていきます。私は、スポーツが大好きです。


アンチエイジングにはスポーツしかないと信じていました。

その考え方が、『低圧ルーム』によって、あっさり覆されました。


  スポーツが苦手な人でも、シニアの方でも、ケガや疾病で悩んでいる人も『低圧ルーム』でケアできるのです。 にわかには信じられないことですが、私自身も『ハイランド太宰府』で体験しました。5日連続のテニスで、腰に違和感を覚えた6日目の午前中に、『低圧ルーム』を3時間利用したところ、違和感はスッと消えて6日目の夜もテニスが楽しめました。 びっくりポン!でした。

  標高2000~3000mの高地では、酸素が薄くなるので、身体が危機感を感じ、身体のすみずみに酸素を運ぶ赤血球の中のヘモグロビンを、 身体が自ら増産するのです。その結果、毛細血管の血流が良くなり、血行が促進され、身体の各部の細胞の呼吸作用が活発になり、
ジョギングしているときと同じように心拍数が上がり、座っているだけなのに身体は軽い運動をしている時と同じ状況になり、体温も上がるのです。人によっては、うっすら汗をかかれる方もいらっしゃいますが、普段着のまま利用できます。息が苦しくてなって辛いということもありません。
  『ハイランド太宰府』の愛用者からは、「髪や爪が伸びるのが早くなった。」「抜け毛が少なくなった。髪にコシが出てきた。」という声が聞かれます。
『低圧ルーム』では、毛細血管の血流が良くなり、血行が促進されるので、その結果、基礎代謝量も骨密度も徐々に高まり、新陳代謝が盛んになっていくので、皆さん健康になり笑顔がこぼれてくるのです。あなたも、『低圧ルーム』を体験されて、体質改善を実感されるというブレークスルーを味わってみてはいかがでしょうか?

  グループ2号店のオーナーは、自身が出場するマスターズ陸上の走り高跳びの大会前日に『低圧ルーム』を5時間利用して試合に臨みました。体内脂肪は、9.0→7.0になり、競技の前に「身体が軽く感じ」、見事!優勝しました。それを聞いて、私も試しに5時間利用した所、やはり体内脂肪は、9.0→7.0になりました。当然、テニスのパフォーマンスもアップしました。
  ランナーの方には、レース前日の休息日に『低圧ルーム』の利用をお勧めします。大濠公園のすぐ隣の2号店で『低圧ルーム』を利用されたランナーからはキャリアハイの報告が、続々届いています。

ランナーも、アスリートも、シニアの方も、運動が苦手な人も、

ケガや疾病でお悩みの方も、御自身の認知症予防にも、

『低圧ルーム』のご利用をオススメいたします。

ブレークスルー・・・進歩、前進、またはそれまでに障害になっていた事象
                            の突破
キャリアハイ・・・自己記録更新のこと

▲page top